人事・労務で振り回されてストレスと不安を抱える中小企業経営者のリスクと不安を減らすサポートをしています。

志戸岡社会保険労務士事務所

就業規則・労働契約書で労務の仕組み作り

〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町9-3 日本橋相互ビル401

受付時間

平日9:00〜18:00
(土日祝日を除く)

アクセス

地下鉄浅草線人形町駅
徒歩4分

お気軽にお問合せください
※経営者・人事担当者専用

03-6264-8320

就業規則の作成でお困りの経営者の方へ

就業規則の作成

こんなことでお困りではありませんか?

  • 古い就業規則があり、そろそろ作り直したいけどどう変えればいいかわからない
  • 給与体系を見直したいけど、法律上の問題が確認したい
  • 残業代の支払い方法を見直したい
  • 社員が増えてきたので、そろそろ就業規則を作成したい
  • 初めて知人以外の人を採用するので、きちんとした就業規則を作成したい
  • ウチの会社にあった労働時間の管理方法を検討してルール化したい
  • 中央区ですぐに相談できる近くの社労士を探している

 

このようなお悩み、ありませんか?

中央区日本橋にある志戸岡社会保険労務士事務所では、お客様のこのようなお悩みを就業規則を作成し、きちんと運用までサポート・フォローすることで解決いたします。

 

弊所は、日本橋小舟町に事務所があり、日比谷線・浅草線の人形町駅から徒歩4分、半蔵門線の三越前駅から徒歩5分、東西線の日本橋駅から徒歩7分と多路線からアクセス良好な場所にあり、中央区の方にはご相談いただきやすいと好評です。

 

実際に、日本橋浜町、日本橋箱崎町、日本橋堀留町、八丁堀、茅場町といった近隣エリアのお客様がいらっしゃいます。

当事務所に来所でのご相談は、原則初回無料にて承っております。

中央区やその近隣区でお困りの方は、是非一度、ご相談ください。

中央区日本橋の志戸岡事務所ーアクセスマップ

〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町9-3 日本橋相互ビル401

・日比谷線・浅草線 人形町駅より 徒歩4分

・半蔵門線 三越前駅より 徒歩5分

お問合せはこちらをクリック

1~50人規模の中小企業の作成実績が豊富な社労士が対応します

弊所代表の志戸岡はこれまでに、社員数1名から数百名までの中小企業の50社以上の就業規則の作成をしてきた実績があります。

なかでも、10名~50名程度までの規模の中小企業での作成経験が多くあります。

実は、就業規則で最も起こりがちな落とし穴とは作成する内容ではなく、その作成した規程を現場が運用できないことにあります。

そのため、完璧な内容の就業規則を作っても、現場で運用しなければ(できなければ)、その規則には意味も価値もありません。

よって弊所では、運用できないものはそもそも作らない。そして、作ったものをどう運用するかを徹底的にフォローします。

また、規則の改定業務については当たり前のことですが、新旧の対照表を作成し、何がどう変わるのかを一目瞭然にし、わかりやすさを追求します。

社会保険労務士 志戸岡豊のプロフィールはこちら

ネットの雛型、テンプレートを利用するリスク

先ほどもお伝えした通り、就業規則で最も起こりがちな落とし穴は作成する内容ではなく、その作成した規程を現場が運用できないことにあります。

では、なぜ運用できないようなものを作ってしまうのか?

ここに、ネットや書籍にあるような雛型を流用する危険性があります。

もちろん、雛型は一から全てを考えるよりも非常に便利です。

しかし、便利な半面、内容について十分理解ができない人でも「作れて」しまいます。

適当に作ってしまった就業規則は、その多くが会社の実態に合っていません。

規則の文面ではコンプライアンス上問題がなくとも、会社の実態にあっていない規則なので、現場は使いづらくて結局使わなくなったり、ねじ曲がった運用がはじまります。

そうなると、その規則は活かせていません。死んでいます。

 

規則をきちんと活かし、運用するためには、経営者(もしくは人事担当者)がその内容を理解し、社員に説明できなければいけません。

説明したうえで、合意してもらう。ここが最も重要です。

「先に言えば説明。後で言えば言い訳。」

なのです。

 

そして、説明するためには、しっかりと内容を理解する必要があります。

しかし、最近の法律は専門家でも追いつくのが難しいほど頻繁に改正があり、理解するのに一苦労です。

  • 書かれている条文がどんな意味をもっているのか?
  • なぜ、こんな規定が必要なのか?
  • 本当にうちの会社にこんな規程はいるのか?
  • この規程は削除してもいいものか?

こういった疑問はなかなか実務経験を踏んだ専門家でなければわかりません。

 

ここが、雛型を流用して作る場合と専門家と二人三脚でしっかりサポートを受けながら作成していく場合の決定的な違いです。

就業規則を作成すると具体的にどんな効果があるのか?

就業規則は、職場環境を整備する為の1つのツールですが、このツールを活かすことで次のような効果が見込めます。

  • 就業規則を活用することで、問題社員に余分なコストや手間を払う必要がなくなり、あなたは大きな安心感が得られます。
  • 就業規則があることで、あなたの会社で働く人に大きな安心感を与えることができます。(ただしこれは作成したルールをきちんと運用してこそ)
  • 就業規則で職場環境を整備することで、あなたは新規顧客をどうやって増やすか?既存客の満足度を如何に上げるか?といった本来やるべき営業やマーケティングに集中することができます。
  • 就業規則を作成する過程で、あなたが気づいていない会社の問題点や課題が見える化し、今後の課題が明確になります。
  • 就業規則を作ることで、これからあなたの会社を、あなた自身がどういう会社にするかを考えるきっかけになり、方向性を打ち出すことができます。
  • 社員の立場から見ても、自分の会社は規模が小さくても、きちんとしたルールがある、という信用・信頼に繋がります。

就業規則作成サービス概要

就業規則作成は3つの基本プランを用意しています。

それぞれのプランは原則として3ヶ月間を1セットとします。 

就業規則を作成しようと考えた経緯や問題を抽出し、各企業に最適なマネジメント手法を検討し、形にしていくこの業務の成果をだす期間として「3ヶ月」が最適と考えています。

長すぎても経営者のテンションが長続きせず、短すぎると検討する時間が足りなくなります。

よって、3ヶ月を1セットとして以下のコンサルティングサービスを行います。

<サービスの概要>

  • 弊事務所代表との毎月の対面ミーティング (目安として毎月2回程度)
  • 全般的な労務リスクチェック
  • 課題発見後、オリジナル就業規則の作成
  • 賃金支給体系の見直し及びリスク対策提案
  • 賃金体系変更に伴う支給額及び人件費の変動シミュレーション
  • 就業規則に伴う各種労使協定書の整備、行政官庁届出業務
  • 就業規則製本作業、行政官庁届出業務
    ※中央区のお客様の届出は中央労働基準監督署
  • 就業規則に対応した社員区分別労働契約書の作成
  • 誓約書、身元保証書等リスク対策関連書式の作成
  • 期間中の無制限での電話、メールでの相談が可能

 

<基本的な就業規則の作成内容>※以下4規則以外はオプションとなります。

  • 正社員就業規則本則
  • パート・契約社員等社員区分別規則
  • 賃金規定
  • 育児・介護休業規定​

※ある一つの規程(例えば、賃金規程)のみを部分改訂したい!という場合は別途お見積り致しますのでご相談下さい。

※各プランに加えてオプションメニューを追加することも可能です。

※「終了後も引き続き、コンサルティングを受けたい。」という場合は、別途顧問契約により継続し対応することも可能です。

※3ヶ月よりも短納期による納品を希望される方はご相談ください。季節・依頼時の業務量等により対応致します。ただし、その分特急対応としてアップ料金となります。

3つのプランのサービス内容の比較

ここでは就業規則コンサルティングサービスの3つのプランの違いについて、表を用いて分かりやすくご説明いたします。

ライトプランと他のプランの大きな違いは打合せの際にお客様が弊所へ来所されるか、弊所がお客様の会社を訪問するかの違いです。

弊所は、最寄駅が人形町にある中央区日本橋に事務所があります。中央区近隣のお客様につきましては、事務所が近隣ということで、お客様が来所されるライトプランをご選択されるケースでも来所されることでの負担は少なくなります。

実際、中央区八丁堀や中央区茅場町のお客様は弊所に来所しての打ち合わせを実施しております。

基本的にどのプランを選んで頂いても、就業規則の内容のクオリティには同じですが、提供するサービスの期間や範囲がそれぞれ異なります。貴社のご要望に応じて選択下さい。

※下記の表を参考にご自身に最適なサービスをご検討いただければと思います。
※中央区のお客様の場合、管轄の届出行政機関は「中央労働基準監督署」となります。

安心のキャンセル保証制度

就業規則の作成をしようと思い立って、いろいろ調べ、やっぱり専門家に頼んだ方がいい!とあなたが考えても、誰に頼めば一番うちに合っているものを作ってくれるかは正直頼んでみなければわかりません。

サービスを利用する前において、本当にここがベストか?という不安があるはずです。

実際に私が逆の立場であればその不安はあるので、初めて利用するお客様の不安は十分わかります。

そのため、少しでもこの不安を少なくするために、当事務所の就業規則作成コンサルティングでは、ヒアリングに基づいて作成した初回の就業規則の原案をPDFにて提示させて頂いた時点までキャンセルができるようにしています。

これにより、お客様は以下の不安がなくなり、無駄なストレスを減らすことができます。

  • 打合せでえらく上から目線で指導され、なんだかこの人からアドバイスをもらいたくないなあ・・・と思いつつ、いやいや作るはめになってしまう
  • 実際のサービスが始まって、やりとりのレスポンス、スピードが遅く、ちょっとストレスになってしまう
  • 作成された規則がどこかのひな形を適当に作ったようなもので、自社に合っていないと感じられる程度のものを提供されゲンナリしてしまう

 

安心して、ご利用いただければ幸いです。

※サービス利用継続の場合、この時点で請求書を発行させて頂きます。

中央区日本橋の志戸岡社会保険事務所では、お客様に安心感を与え、そして、お客様の期待以上のサービスを提供する。このことを常に考えながらサービスを提供しております。

就業規則のご相談

弊所へのご相談の流れ

お問合せから御相談、契約までの流れをご説明します。

お問合せ

まずは電話または問合せフォームにてお問合せください。この段階では一切費用は頂きません。

対面相談(来所)

お問い合わせに対する回答を踏まえ、対面相談を希望される方は弊所へ来所頂き、直接お話を伺います。この段階も一切費用は頂きません。

ご契約

ご依頼内容に応じて見積を提示致しますので、サービス内容にご納得いただけたら、契約となり、この段階から報酬が発生致します。

お問合せはこちら

中央区日本橋の志戸岡社会保険労務士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

お問合せ・ご相談はお電話・問合せフォームにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

03-6264-8320

経営者・人事担当者の方のご相談、お待ちしています
東京都中央区日本橋小舟町9-3-401
受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

 面談の申込・お問合せ

電話でのご予約・お問合せ

03-6264-8320

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

社会保険労務士 志戸岡 豊

志戸岡事務所について

三越前駅より徒歩5分の事務所です。

中央区日本橋小舟町9-3-401

詳細は事務所案内をご覧ください。

03-6264-8320

 著書の紹介

社長!そろそろ口約束の労働契約はやめましょう

出版:労働調査会

出版社ページはこちら
 

改訂版「労務リスク・トラブル」いざのときの対処法Q&A

出版:セルバ出版

出版社ページはこちら

無料コンテンツ

7日間のメール講座で“従業員10名未満の経営者が知っておくべきこと”をお伝えします。現場ですぐに使える労働契約書の無料サンプルを特典資料としてプレゼント!

詳細はこちら

1日5分×7日間のメール講座で中小企業の人材定着の問題の本質を理解して、離職率を下げて定着率を改善するコツ・ポイントを無料メール講座で公開しています。

詳細はこちら

人事・労務に関する最新の時事情報、労務管理のツボを分かりやすく、タイムリーにまとめたニュースレター・メルマガを配信しています。

詳細はこちら