就業規則の作成・変更なら東京都千代田区のコントリビュート社会保険労務士法人へお任せ下さい。

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-6 D'sVARIE神田錦町602

受付時間

平日10:00〜19:00
(土日祝日を除く)

ご相談予約はこちら

03-6264-8320

企業型確定拠出年金のメリット

企業型確定拠出年金(企業型DC)制度のメリット

企業型DCの企業側のメリット

企業型DCには、企業側と従業員側それぞれにメリットがある制度です。

企業側のメリットとしては、以下があげられます。

1、退職金原資の積み立ての悩みがなくなる。(積立不足が生じる心配がなくなる。)
退職金制度を検討する際に、長期間の将来の給付額を約束する従来の方式では、中小企業では、退職金の積み立て不足の心配が生じます。また、自社の退職金制度に合わせて、退職金原資をどのように積立てていくべきか?というお悩みをお持ちの中小企業も多いと思います。

以前は、未来の退職金のために、生命保険に加入する、という企業が多かったことと思います。

しかし、行き過ぎた節税のための生命保険に対しては国の規制が強くなってしまい、以前のような「割のいい」保険商品はなくなりました。

企業型DCは、掛金を拠出した時点で企業の負担は確定し、積立不足は発生しない仕組みです。そのため費用予測が容易で、退職金の積立に関する悩みがなくなります。

 

2、退職給付債務が発生しなくなる。

中小企業においても、退職金規程により退職金制度を設けている場合には、退職給付債務を計上する必要があります。このような場合に、企業型DCを導入することにより退職金制度の内訳として設計とする場合には、退職給付債務の一部または全部を確定拠出年金制度により事前準備することが可能となります。

また、思い切って既存の退職金規程を廃止し、今後は確定拠出年金制度のみとした場合、退職給付債務の計算そのものが不要となります。

 

3、企業型DCの掛金は全額損金とすることができる

これは当たり前のメリットですね。企業型DCの掛金については、中退共の掛け金などと同じように、全額損金に算入させることができます。

 

4、従業員に対しての福利厚生制度の1つとして採用ブランドと社員満足度向上につながる

この4つ目のメリットも見逃せません。最近の若手社員の企業選びのポイントの1つとして、「安定している会社」というものがあります。

そして、この「安定している会社」について、どんな部分に企業に安定性を求職者が感じるかというと、「福利厚生が充実している」という回答※があるようです。

※「マイナビ2023年卒大学生就職意識調査」より。

また、個人的に思うのは、企業型DCを導入することで、従業員1人1人の資産形成のサポートができるという面です。

以前、老後の2,000万円問題がニュースで大きく話題になりましたが、給与収入/労働収入だけで老後に向けて2,000万円を用意するのは正直難しいと思います。

大企業や公務員であれば、退職一時金が2,000万円になることも一般的かと思いますが、世の中の大部分を占める中小企業で2,000万円の退職金制度を導入/保持している企業はほぼないでしょう。

もちろん、企業型DCを導入すれば、この2,000万円問題がすぐに解決するわけではありませんが、解決への糸口にはなります。

将来へむけて賢くお金を残すために、企業型DCは良いプランと言えます。

企業型DCの従業員側のメリット

次に、従業員側のメリットをご紹介します。従業員の方のメリットとしては以下があります。

 

1、企業型DCの掛金が所得控除、社会保険料算定の対象外
iDeCoと同じように、企業型DCの掛金は所得控除の対象となります。また、企業型DCの場合は、給与の一部から拠出された掛金が社会保険料の算定の対象外となるため毎月支払う社会保険料(自己負担分)の軽減効果が期待できます。

 

2、運用益が非課税になり、iDeCoよりも掛金の上限が多い

運用益について税金がかからないという点はiDeCoと同じです。しかし、会社員の場合、iDeCoの掛金は最大で月2万3000円ですが企業型DCの場合の掛け金の上限は最大5万5000円と、約2.4倍となります。

 

3、全てにおいて自ら選択可

企業型DCを選択制で導入すると、従業員自身が掛金を拠出するかどうかを1人1人ご自身で選択することができます。

企業型DCの掛け金として将来に積み立てをしたい人はすればいいですし、掛け金拠出よりも、「今の」給与としてもらいたい人は掛金拠出をしないこともできます。

また、掛け金拠出をすることを選択した人は、その投資先の運用商品をご自身で選ぶことができます。

リスクをとることが嫌な人は元本が保証される「定期預金」がありますので心配ありません。

一方で、リスクをとって運用益を増やしたい人は様々な選択ができるようになっています。この自由度の高さも企業型DCのメリットと言えます。

 

当事務所では、経営者や人事担当者の方からのご相談をお待ちしております。お気軽にお問合せ下さい。

こちらの記事もお勧め!企業型DCのノウハウ・ポイント

  1. 企業型確定拠出年金とは?全体概要
    まずはここからお読み下さい。
  2. 企業型確定拠出年金のメリット
    企業型確定拠出年金のメリットを企業側、社員側それぞれの立場でのメリットについてご説明いたします。
  3. 退職一時金制度から企業型確定拠出年金への移管
    既に退職金制度が自社にある場合に、既存の退職金制度から企業型確定拠出年金に移管を行う場合の仕組みや方法についてご説明します。
  4. 企業型確定拠出年金のよくある質問
    企業型確定拠出年金についてよくある質問についてまとめています。

当法人へのご相談の流れ

お問合せからご相談、契約までの流れをご説明します。

お問合せ

まずは電話または問合せフォームにてお問合せください。

初回面談

お問い合わせに対する回答を踏まえ、相談を希望される方はオンラインまたは当法人へお越し頂きお話を伺います。

ご契約

ご依頼内容に応じて見積を提示致しますので、内容をご確認下さい。ご確認後、契約書を作成致します。

お問合せはこちら

東京都千代田区のコントリビュート社会保険労務士法人のホームページにお越し頂き、ありがとうございます。当法人は就業規則の作成・改定を専門とする社会保険労務士法人です。

お電話でのお問合せはこちら

03-6264-8320

千代田区・文京区をはじめとした中小企業経営者の方のご相談をお待ちしております。

■東京都千代田区神田錦町3-6-602

受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

 面談の申込・お問合せ

電話でのご予約・お問合せ

03-6264-8320

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

社会保険労務士 志戸岡 豊

コントリビュート社会保険労務士法人

千代田区神田錦町3-6
D'sVARIE神田錦町602

詳細は事務所案内をご覧ください。

03-6264-8320

 著書の紹介

小さな会社の給与計算・年末調整の手続きがぜんぶ自分でできる本
出版:ソシム

詳細はこちら

改訂版「労務リスク・トラブル」いざのときの対処法Q&A

出版:セルバ出版

詳細はこちら

無料コンテンツ

人事・労務に関する最新の時事情報、労務管理のツボを分かりやすく、タイムリーにまとめたニュースレター・メルマガを配信しています。

詳細はこちら